赤ちゃんの爪切りで気を付けるポイント

赤ちゃんの手は非常に小さいので、爪切りをしようと思ってもなかなか大変ですよね。ちょっとでも伸びてしまいますと、無意識のうちに顔をひっかいてしまって傷になってしまうのも可哀そうです。ですので、きちんとママがチェックをして、爪を切ってあげなくてはいけません。大人しくしていてと言っても、言う事なんて聞いてくれないのが赤ちゃんですから、爪を切る時は起きている時ではなく、寝ている時を見計らって下さい。ですが、あまりにも月齢が小さいと、手に触れただけでモロー反射で起きてしまう可能性があります。そういった場合には、そっと指を掴むのではなく、手首から手のあたりをしっかりと掴んで着るようにしましょう。そうすれば、寝ていてもしっかりと爪を切る事が出来ますので、何時でも清潔な指で赤ちゃんも安心ですよ。爪切りは大変ですが、寝ている時をしっかりと狙って切ってあげましょう。

赤ちゃんの爪切りをスムーズに行うには

赤ちゃんの爪切りは、思った以上に大変です。じっとしていてと言っても、なかなか言う事を聞いてくれませんし、万が一爪だけじゃなくて指も傷つけてしまったらと考えますと、怖くて苦手だという人も多いのではないでしょうか。そういったママは、授乳中にさっと爪を切ってあげるというのも一つの手です。ですが、その場合には、ママが授乳をしながらついでに爪を切るというのはなかなか難しいので、パパやおばあちゃんなどに協力をしてもらって切るようにしましょう。また、爪を切る際には、出来る限りスムーズに時間を掛けずに行う様にして下さい。あまりにも時間を掛け過ぎてしまいますと、小さい赤ちゃんなどは不安がってしまい、泣きだしてしまう可能性があります。今何をやっていたのか解らないくらいのスピードでさっと切れば、赤ちゃんもご機嫌のままで、喜んでくれることでしょう。

赤ちゃんの爪切りは他に興味を持たせよう

赤ちゃんの爪切りは苦手だという人も多いですよね。確かに切っている最中に動かれてしまいますと、ついでに指を切ってしまったら大きな事故になってしまいます。寝ている時に切る事が出来れば一番良いのですが、敏感な子はちょっと触れただけでも目を覚ましてしまう可能性がありますので、注意が必要です。そういった時には、兄弟を上手に利用してみましょう。赤ちゃんの爪を切る時に、お兄ちゃんやお姉ちゃんに協力してもらって、歌を歌ってもらうだけでも、十分に注意を逸らす事が出来ます。そのスキにさっと切ってしまえば、あっという間です。もしも兄弟がいなくて1人目だという時には、メリーゴーラウンドのおもちゃやテレビなど、集中して気を逸らす事が出来るものを利用してみて下さい。そうすれば、起きていても安心して爪を切る事が出来ますよ。

様々な絵本を紹介し、絵本の読み聞かせ方や絵本読み聞かせの効果などについて解説しています。他には無い有益な情報が産後カテゴリに詰まっています。運営期間は5年6ヶ月。これまでにたまごクラブなどの雑誌への掲載やyahooニュースに掲載されました。他には無い有益な情報が赤ちゃんの部屋に詰まっています。赤ちゃんのケガの対処法から心配蘇生法まで赤ちゃんの緊急時のトラブル対処法を図解で教えます。赤ちゃんの爪切りする時のコツをご紹介中