同人誌を出すとき印刷会社を困らせない

同人誌を出すときはくれぐれも印刷会社に迷惑と手間をかけさせないようにするべきです。お金を払っているのだから多少融通をきかせてくれてもいいじゃない、と思われるかもしれませんが、その同人誌でもし何かあったときに迷惑を被るのは作者だけでなく向こうも巻き添えなのです。また、「たった1分の遅刻」や「ほんの少しの規定違反」などという考え方はやめましょう。向こうに会社と名がついている通り、出版というビジネスをしていることを忘れずにいるべきです。たった1分でもほんの少しでも、立派な「契約違反」なのです。同人誌を書いているときは趣味の延長だと捉えがちですが、出版する際は「出版するのだ、世間の目に触れるのだ」という意識を常に持って、手を借りたり迷惑をかける範囲をできるだけ狭くする工夫をしましょう。そうすれば、印刷会社への心無い文句は余程のことがなければ出てこないはずです。

大切な人に記念になる作品を印刷して贈りましょう

父の日や母の日、敬老の日などにいつもとちょっと違う、インパクトのあるプレゼントをしてみたいと思いませんか。例えば、普段使うような日用品や食器などに、贈る方が大好きな景色や人の写真やイラストを印刷する、世界にたった1つのプレゼントなら、きっと驚きとともに感動して頂けるに違いありません。また、小さなお子様の描いた作品を印刷して、おじいちゃんやおばあちゃんの湯飲みやマグカップにして贈れば、いつでも大好きなお孫さんと一緒に居るような雰囲気を味わってもらうこともできます。毎年違うイラストをプリントして贈るのも、コレクションになって楽しいですし、贈る側も贈られる側もきっと出来上がりが楽しみになります。作り方はとても簡単で、インターネット上の通販サイトでオーダーすることができます。納期もそれほど掛からず、あっという間に出来ますので、とても便利です。

印刷をオフィスで行う

印刷をする際にオフィスで行うこともとても多いです。キレイなプリントアウトを行うことができるように、コンパクトでありながら高度な性能を持ったものが多くなってきているので、最適なものを作成することができるようになってきています。加工に関しても簡単に行うことができるようになっているということがあるので、リーズナブルな価格で対応をすることが出来るようになっているのです。印刷に関わる機器も様々なものがあり、リースで対応をすることが出来るようになっていることもあります。定期的なメンテナンスを行うことができるようになっているということもあるので、様々な専門業者の中からどういうものを使うとメリットがあるのかということもあるのです。インターネットの比較サイトで情報収集をするというのもよい方法となっているのです。