これまでの印刷技術とこれからの表現

ほとんどの家庭では、パソコンの普及に伴い、小型のインクジェットプリンターが導入されています。しかし最近では、むしろスマートフォンの普及により、印刷のニーズ自体が減ってきているように感じられます。お友達に写真を渡す時も、昔なら現像料を考えて、申し訳なく感じることもありましたが、今やデータの受け渡しへとその形態を変えました。日本で最もプリンターが活躍するのは、お正月でしょう。家庭での簡単な年賀状作りは急速に需要を増し、パソコンさえ必要とせずに思い通りの年賀状を作ることができるようになりました。以上のように、これまで印刷することで実体化されていた情報は、情報のまま保持する方向へ移行しています。これまで印刷技術と共にあった新聞は、その役割をインターネットに奪われつつあります。表現の方法は、報道のあり方と強い関係があるようです。

印刷のメリット、データとの折り合い

最近ではデータの共有技術が発展し、わざわざ印刷しなくても、書類や論文などを提出できるようになりました。しかしながら、写真家にとってはその限りではありません。印刷する対象は、大きく文字と写真とに二分されます。どちらを取っても、文字を読むときに目を疲れさせることはありませんし、写真家はプリントまでこだわる人も多いです。近年では、電子書籍など、むしろ印刷から逆のベクトル、紙からデータへの移り変わりが見られます。本が好きな方はわかるでしょうが、書籍は単なるデータではなく、自体や時間、本の装丁まで含めて一つの作品とも考えられます。近代の小説はそういった面にあまり気を使うことは少ないようですが、古くからの名作はやはり、本を手にとって読むのがいいかもしれません。当時の情勢や風潮などを知る手がかりを与えてくれます。

現代社会に流通する印刷物

私たちの生活は、印刷物に囲まれていると言っても過言ではありません。例えば、名刺やダイレクトメール、シールやラベル、ポスターやカタログ、また各種カレンダーや折り込みチラシそして新聞など、多くの情報が記されているそれらの印刷物がなければ、生活に不便をきたすことも少なくありません。これらは一定の有効期間があるものや、名刺など、その内容に変更がなければ、同じものを何年も使う場合もあります。有効期間の長いものは別として、スーパーの特売広告などは毎日のように更新されるので、早く大量に作成するには、印刷の技術が必要です。今ほど文明が発達していなかった時代とは異なり、情報が大きな力を持つ現代では、いかに早く大量に発信するかが、事業の成功に大きく影響します。したがって、どれほどインターネットが発達しても、紙を媒体にしたこれらの情報は、まだまだ有効性があると考えられます。